CAMERA WORK

デザインする上で印刷物やWEBサイト・サインなど全ての業務で写真は不可欠なものになってます。通常プロのカメラマンにお願いしたり、フリー素材を利用したりでの作成になっておりますが、デザイナーの目線で撮影したらとの思いから自らプロ仕様の一眼レフカメラにて本格的に撮影。撮影の経験を増やしてより納得のいく写真へスキルアップ中です。今回のサイト内はすべてオリジナル画像利用です。高画質なので印刷物にも絶えられ、同じ写真をWEB〜サイン展開とマルチに併用出来ます。もちろんプロの商業広告カメラマンの手配は可能です。予算の関係や当社の撮影希望の方はぜひご相談ください。

ネットショップ「DESIGN CAFE」OPEN

当社撮影の写真(高画質6000×4000ピクセル)やPHOTOSHOPでの加工可能なレイヤー作品などをダウンロード販売できるネットショップ「DESIGN CAFE」を試験的に開設しました。その他、デジタルイラストやテンプレート集、スマフォケース・Tシャツ販売等も要検討中です。これにより、当社の作品にも少し気合いを入れて作品づくりができるのかな?とりあえず「BASE」バナーリンクしましたのでご利用ください。※なおこのサイトはお客様のためにも実験しております。

撮影時には使用メディアの
構図が重要

商業広告として、写真は使用目的を考慮して撮影しなければなりません。色やボケ・色温度など、カメラにまつわる専門的な知識は深くまではわかりませんが、デザイナー目線で感じる事は、綺麗な画像も瞬間的な画像も最終的に使用するメディアによって良くも悪くもなると思います。写真展などに出品するなら一枚の写真として考えれば良いのですが、私が目指す写真は印刷物なのか、ホームページなのかとデザイン的トリミングはどの形が美しいのかを見極めなくなてなりません。まだまだ、初心者カメラですが日々広告作品として当社の写真を使用しております。