常時SSL化の導入に四苦八苦

「SSL(Secure Sockets Layer)」に関するお話。

今回はWebセキュリティを強化するためのSSL。最近、特定のサイトにアクセスすると、SSLを導入していないサイトで、アドレスバーの「i」という丸いマークをクリックすると表示される警告メッセージ。ブラウザのChromeのバージョン68以降やEdgeなどで表示されるようになりました。ブラウザでこのような警告メッセージが表示されるようになった背景には、Web全体の通信の安全性がもっと高まりますように、というGoogleの思いが込められています。そう、SSLを導入することで、Webサイト上の通信の安全性が高まるのです。

●データの暗号化

クレジットカード情報を入力するECサイト。SSL化されていない場合、ユーザーが入力したクレジットカード情報は、「誰でも読める状態」のまま、サーバーに届きます。そうなれば、攻撃者によってクレジットカード情報を盗み見される恐れがあります。しかし、このECサイトがSSL化されていれば、ユーザーが入力したデータは暗号化されたのちに、サーバーに届きます。攻撃者はクレジットカード情報を盗み見ることはできません。

●所有者の証明

「このサイトはSSLを導入していて、信頼できるサイトだよ!」という「SSL証明書」を、「CA(Certification Authority)」と呼ばれる認証局から発行してもらうことを指します。それは、サイトをSSL化(HTTPS化)することで、Googleから評価されて検索順位が上がる!ということです。

「http」を「https」で始まるSSL化が急がれているようです。

さてさて!今回の作業のきっかけは、お客様のサイト内で通販の仕組みを作るお仕事。やや、もしかしてと思ってましたが、作業中にSSLにしなさいとの警告ガイダンス。作業途中であえなく、ググって見ました。いろいろ書き込みありました。ロリポップやさくらインターネット等は、無料SSL〜有料SSLの仕組みが出来ております。簡単ワンクリックについ手が出て進めました。数分後、問題なく「http」でアクセスしてもリダイヤルで「https」へ誘導らしいです。簡単にできたのもつかの間です。何故かサイト自体に「鍵」マークが付かない?これはとググって!基本中の基本の作業を怠ってました。WP設定での「http」から「https」の変更です。それでも一部のページに「鍵」が付かずまたもや作業ストップ。今度は画像リンクやページ内リンクなどのアドレスの変更です。作業途中なので楽々変更して無事サイト全体が「SSL」となりました。

便利ツールのおかげで何とかクリア!

気分も高揚ついでに、自社も「SSL」にしてみようと進めましたが、またもや今度は、既に完成してるサイトは別物です。リンク設定や画像リンクなど複数あり、手動で行うのは大変。そこで見つけたのが「【常時SSL化】「Search Regex」画像URLを「http→https」に一括置換する方法【WordPressプラグイン】」これが一発変換です。但し、一部読みきれない箇所があるようです。内部リンクURLを全てhttpsに変えてもダメだったらまだ「保護された通信」と南京錠マークがでてきてくれません。まだ、どこかに「http」が残ってしまっているようです。このようにプラグインを使い、内部リンクを全て一括で「http」から「https」に変更しても、残ってしまう奴がいるんです。こうなると、隅から隅までソースコードを探すしかありません。そこで出逢ったサイト「Google Chromeのデベロッパーツール」はブラウザ仕様のにあるツールらしいです。コンソールタブを選びソースを覗くと、赤っぽい背景のコードが出てきました。その中にまだ「http」のままの犯人がいます。一見わかりにくいですが、よくよくコードを見ていくと、犯人がわかりました。手動でリンク変更して、こちらもようやく「SSL」になりました。

精神的苦痛が大きい〜〜!

これから作成するサイトは「SSL」は必須科目思い知らされました。日進月歩、勉強勉強。但し現在稼働中のサイトは、やはりリスクが伴うためお客様と話し合い進めていくことが得策と思います。やれやれ、世の中セキュリーだらけで少々疲れ気味です。どれ程、アドレスの前に「鍵」マークが付くことを待ちわびたことか、簡単には、グーグルさんも許さないんですね!カッチカチの「南京錠」でした。

iPhone X 機種変更

iTunes 12.7 にはアプリ管理が消えた!

メインPCが新しくなって早4ヶ月です。概ね慣れてきましたが、ここに来てiPhone X に機種変更のお話!
まずは、iTunes12.7でのBackup! ですが、アプリが非表示になってました。これはアップルの仕様らしいです。2017の夏か秋頃かららしいのですが分からずでした。つまりアプリが復元できないことに気づきました。調査するとPCには着信音やアプリが残ってるのでドラッグで済む!とか、購入済みから再ダウンロードとかの書き込み。またiTunes12.7から12.6.3のダウングレード(以前のアプリ表示)まで色々方法がある!結論、アプリの整理もしたかったので、アプリを捨てる覚悟でバックアップ!ガッツリ入ってる音楽や動画や写真は同期完了。アドレスはキャリア会社にお任せ!

あえなく、OS Sierra〜High Sierraへアップデート!

・・・・はい!iPhone X 256GB になりました!ハァ〜!分かってはいましたがアプリ少なっ!
まあ、落ち着いてPC同期のため接続しました。・・・何と言うことでしょう!同期しない!これはヤバイ!
さすがに、ザワザワ!キャリアのネット検索でのググって!何と新しいOSやiTunesにしてください!と事でした。新しいはずのPCだったのに〜と嘆いてましたが、仕方なくOS Sierra〜High Sierraにためらいもなく、アップデート約40分。やっと新しいOS High Sierra環境になったようです。先ほどiPhoneとPC接続したままに気づいたのも遅くいきなり同期しちゃいました。結果よかったのですがビックリ!やれやれ、音楽やビデオは復元できました。続いて着信音はPCフォルダからドラッグで完了!アプリは何故か入らない?なぜ?諦めて購入済みアプリのSNSアプリからダウンロード!これはアプリからログイン後で全て復元完了!その他も何とか整理整頓で無事終わり、なんか疲れました!

こんどはSafari ブラウザが妙な動き

落ち着いた!と言うのもつかの間、こんどはSafari ブラウザが妙な動きに唖然。「ブラウザ閲覧毎に無駄をなくした表示が別ウィンドウ表示」とかに驚きです。色々調べた結果原因判明!「リーダーを常にオン」という仕様らしいです。環境設定でオフにして無事クリア!これ前かららしいですが、今回は「常にオン」と言うことで四苦八苦!これ必要ないと思うのですが、アップル様さまですからね〜ってか、WEBサイト制作には仕上がりが分からずいらないんですけど(笑)

追記)2018.4.1
MACOS highsierra10.13.3→10.13.4にアップデート!それほど変わらないと思い、すんなり進めましたが落とし穴に!
サブモニター(マルチディスプレイ)の表示が真っ暗のまま映りません。
接続のドライバー検証(英語)
海外アドレス:http://www.displaylink.com/downloads/macos

【直訳すると】macOS 10.13.4アップデートについての重要な情報
私達は、インストールmacOSリリースバージョン10.13.4が、取り付けられた現在のDisplayLinkドライバー[4.1]でDisplayLink接続ディスプレイをOSアップグレードの後にブランクに行かせることに気づいた。機能〈イーサネットやオーディオ where 実施される などの〉は影響を受けない。私達はこの問題についてアップルに注意をうながし、解像度を見つけるために熱心に働いている。これらの機能は、10.13.3において予期されるように働き続ける。その間、私達は、クローンモードを可能にする新しいドライバー[4.3]を持っているけれども、notで、10.13.4において、鏡または拡張されたモードが表示する。もしあなたが、鏡または拡張されたモードディスプレイを必要とするならば、私達は、この時あなたがmacOS 10.13.3またはより早さに滞在するように勧める。

これはまたもややらかしてしまった!
アップルさん!何があったんですか!良くなることへのアップデートが、次々の不具合を生じさせる。
すべてのアップデートに言えますが、開発がわからない一般の私たちは、すぐに更新するのは控えようと決めました。更新する際は、書き込みや状況を1〜2ヶ月様子見てから進めるように心がけます。PCやIPHONEまたは、付随するアプリケーションなどなど、常に変化してる状況に少々疲れ気味です。

追記)2018.4.20
マルチディスプレイは使い勝手が良く、とても不自由を感じてました。DisplayLinkドライバーがダメなら、Thunderbolt3(usb)なら大丈夫かと検索しました。ありました!買ってみましたよ!しかも低価格の1,499円(送料無料)
https://www.amazon.co.jp/dp/B074RJDSF1/ref=pe_1807052_289327182_tnp_email_dp_1
ドライバーもなく、返金保証もあったので注文しましたが、なんのためらいもなく普通にマルチディスプレイになりました。様々書き込みありましたが、違和感なく表示しました。安定しているようにも感じます。何やかんやで20日間の不自由にピリオドで一安心です。ご参考までに!

WEBサイト翻訳あれこれ

WEBサイトを翻訳依頼に四苦八苦!

WORDPRESSのオープンソースはとてもホームページを作成するに利便性が良いのですが、今回頭を痛めた案件が「サイトを多言語仕様」という依頼!しかも2本続けて!まあ、そろそろオリンピックも近いし何かと交流が増えそうなので、頑張るしかない。そこでプラグイン翻訳検索しておりました。自動翻訳から本格的翻訳まで奥が深く、深くなればなるほどお金もかかる。世界中には翻訳をしてくれる人たちも多数いることを改めて感じました。さらには、ホームページ丸ごと翻訳ということは、画像や都度の投稿も翻訳が必要ということに気がつきました。

さてさて、失敗した例!
●本格翻訳を望むならと「WPML」ですかね!
WPMLは、多言語対応のプラグインとして一番定番のプラグインのようです。理由としては、対応言語の数と幅広く使えるところにあります。デフォルトで40言語以上利用でき、個々の投稿からサイト全体までいろんな状況に合わせて利用することができます。と言うことで、有料($29)のプラグインではありますが、サポートも提供されるので本格的に多言語サイトにしたいということであれば、おすすめです。※ただし$25は通常のブログレベルのようでした、結果アップグレード追加($50)してCMS (WORDPRESS)可能のようで、結果合計($79)の支払いしました。ようやく稼働したかと思いきや、これが落とし穴でした。自動翻訳ではないことが判明、もちろんキチンと翻訳すれば優れた翻訳プラグインです。ネット上での翻訳スタッフに依頼が必要になります。もしくは知り合いに翻訳依頼でないとすすめません。1ヶ国語ならまだ対処はありますが、4ヶ国語となると大変です。プログラマーさんにも聞きましたが、わからないとかで、結果グーグル翻訳に切り替えました。※英語で30日返金可能のようなので、頑張って解読し結果英語で回答して返金依頼しました。大変でしたが、すぐに英語で返金手続き完了でホッと一安心です。

●お馴染み「Bogo」も体験しました(無料)
こちらも同じですね!都度翻訳です。

結論「グーグル自動翻訳」は優れもの…

サイトの翻訳は、しっかりと構えて作らないと大変な事になることを痛感しました。
もちろん、お金もかかります(運営するための翻訳)

結論、「グーグル自動翻訳」は優れもの…今更ですが…都度の投稿も翻訳するし、微妙に変な翻訳は気にならない、と勝手に思ってます。これは日本人が海外サイトを閲覧するときと同じ感覚だと思います。ニュアンスは伝わるはずと信じてます。しかも、見ていただく方は不特定多数の世界相手です。多言語が必要と判断した場合は、経費と浪費から考えて「グーグル自動翻訳」にかないませんね!十分と思います。当社サイトにも実験にフッター部分に入れてみました。国旗表示も可能だし、複数の国を全て選択することも可能です。沢山あっても仕方ないので4つくらいがお薦めかな?プラグイン様々ですね!もちろん別件で、グーグルアカウント取得して認証コード貼り付けもお陰様で覚えました。日進月歩ですね!
●Google Language Translator

プロカメラマンの仕事

さすが!プロカメラマンは良い仕事

先日チラシ用に撮影が必要になり自分で構えましたが、照明もなくこだわりだしたら、思わずカメラマンの元へお願いしました。慣れたセッティングで何も言えない状態で完璧に撮影していただきました。光の写りや中身の状態の判断、使用用途、すべて完璧。お願いして良かった〜!※今回お願いしたスタジオは、当社の昔からのお付き合いで、商業広告写真を撮影しているスタジオです。有限会社スタジオモノクロームさまです。ちなみにホームページ作成は当社です(汗)

商業広告撮影時のトリミング

撮影時には使用メディアの構図が重要

商業広告として、写真は使用目的を考慮して撮影しなければなりません。色やボケ・色温度など、カメラにまつわる専門的な知識は深くまではわかりませんが、デザイナー目線で感じる事は、綺麗な画像も瞬間的な画像も最終的に使用するメディアによって良くも悪くもなると思います。写真展などに出品するなら一枚の写真として考えれば良いのですが、私が目指す写真は印刷物なのか、ホームページなのかとデザイン的トリミングはどの形が美しいのかを見極めなくなてなりません。まだまだ、初心者カメラですが日々広告作品として当社の写真を使用しております。

最近のイメージショット